眼瞼下垂で悩んでいる人は治療で直そう~目元快適サポート整形~

woman

切らない手術法もある

woman

後天性の眼瞼下垂は、加齢や目の疲れが原因で発症します。眼瞼下垂の治療は手術が一般的ですが、手術には切る手術と切らない手術とがあります。2つの手術法は治療期間が大きく異なるほか、治療を受けることができる病院も異なります。事前に実績などを確認し、自分に合った病院を選ぶことが重要です。

Read More...

目が開けにくい病気

woman

眼瞼下垂とは上瞼を動かす眼瞼挙筋の筋力が低下するなどと言った原因で引き起こされる病気です。この病気の手術に関しては形成外科や美容クリニックで受けることが出来、実績のある名医に依頼し、安心して手術を受けましょう。

Read More...

まぶたが下がる病気の対処

woman

眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がってくる病気です。見えづらいだけでなく、老け込んでみえるため多くの人が悩んでいます。最近ではパソコンやスマホを長時間使う人が増え、若年層の患者も増加しています。治療を受けるときは、保険がきくか、また美容的な処置にも配慮してもらえるかなど、よく確認することが大切です。

Read More...

まぶたが上がりにくい症状

最新の眼瞼下垂治療方法を紹介しているのがコチラです!メスを使わないので、手術跡が残るのを心配する必要がありません!

最新脱毛器を用意している湘南美容外科で脱毛をしましょう。無制限に通うこともできるので自分が満足できる肌が手に入ります。

まぶたの動き

woman

まぶたを上げたり下げたりすることでまばたきができます。通常この動作は無意識のうちに行われますが、どうしてこのような動作が可能になるのでしょうか。実はまぶたにも上眼瞼挙筋という筋肉があり、この筋肉でまぶたの運動を行っているのです。この上眼瞼挙筋の動きが何らかの理由で悪くなったり、あるいは先天的にこの筋肉がない状態となるとまぶたの動きが悪くなります。その状態を眼瞼下垂と呼んでいます。このようにまぶたの動きが悪くなると、まぶたを持ち上げることがしにくくなりいつも眠たそうな眼をしているようになります。また瞳孔部分にまぶたが覆いかぶさるような形になり、視界が非常に悪くなります。その視界の悪化を補おうとして顎を突き出すような感じで物を見るようになります。

まぶたの手術

顎の突き出しは外見上も良くないのですが、頭の位置が常に正常な状態でなくなるため肩こりや首を痛めやすくなります。眼瞼下垂と診断されたら速やかな治療が望まれます。となります。手術方法としては一般的には眼瞼挙筋腱膜を縫いつけるようにして、まぶたを引き上げる状態を作り出します。常に両目のバランスを考えながら手術することが重要です。他には太もも部分である筋肉大腿四頭筋腱膜を移植してまぶたの筋肉として使う方法をとる術式もあります。軽症の眼瞼下垂の場合は治療期間も短くて済みます。簡便な術式だとそれほど手術時間も長くありません。眼瞼下垂の治療は保険適用となりますので、想像よりもかなり手術費用も抑えられるはずですので、気になる場合は治療を最優先にしましょう。

美容に関心のある女性はコチラをご覧になると良いでしょう。フォトフェイシャルを東京で受けるなら大人気のエステを利用するのがオススメです。